アスミール何歳からお試しできる?その効果や口コミは?

実際にアスミールを体験した感想まとめ。子供の偏食や成長期に悩むママさんに。

感想・体験

娘は夜中に起きてミルクを飲む息子のイヤイヤ期で毎日寝不足状態でした。

投稿日:2018年9月12日 更新日:


女性,23歳(主婦)

2歳の息子と3ヶ月の娘子供を育てている、主婦です。娘が産まれる1週間ぐらい前から、いきなり息子のイヤイヤ期が始まりました。

離れるのもご飯を自分で食べるのも歩くのも全部嫌。外ではお菓子を見つけると買ってくれと、地べたに寝転び泣き叫んでいました。

大きなお腹で息子を担ぐのは本当に大変でした。娘が産まれてからは、少し環境の変化もあり、大人しくしていてくれましたが、娘が2ヶ月になったぐらいに、またイヤイヤが再発しました。

外に出かけて、娘を抱っこしてても、抱っこして!カートは嫌。ベビーカーも嫌。自分の思う様にならなかったら、所構わず寝転んで泣き叫ぶ。

1人で2人を連れてのお出かけは毎回地獄です。まだ娘は夜中に起きてミルクを飲むので、私も毎日寝不足状態。それに加えて息子のイヤイヤ期。頭がおかしくなりそうでした。今でも2人を1人で連れて行くのはとても大変で息子がぐずるととっても困ります。

毎日すごく大変な中でも、やっぱり子供の笑顔は嫌な事を忘れさせてくれる様な不思議な存在です。例え私が怒りすぎても、突き放しても、絶対ママ!と抱きついてきてくれます。

こっちがどんなに愛してるよって伝えても、子供が体いっぱいで表現してくれる愛してるよにはかないません。今までに、寝返りをした、声を出した、立った、歩いた、ママって呼んでくれた、嬉しかった事は本当にたくさんありますが、やっぱり1番は2人が仲良くニコニコ笑っていた時です。

最初は息子が娘に嫉妬して、中々近づこうとも触ろうともしませんでした。でもいつの間にか息子が娘に話しかけるようになり、それに対して娘もニコニコご機嫌さんになり、見ていて本当に嬉しかったです。

今ではすっかり仲良しなので、娘から息子に手を出したり、笑いかけたりしています。2人の笑顔を見ているととっても幸せです。

2人の男の子がいます。

女性.51歳(自営業)

5才離れているので下の子が生まれた時、兄は保育園の年中組、とても喜んでくれて、赤ちゃんを抱っこしようとしたり、お昼寝中の赤ちゃんに添い寝したりしてました。

だんだん大きくなり、長男が小学生、次男が保育園に入園する頃、次男が母親の私と仲良くしていると長男が次男をいじめるのです。どうしてもまだ世話をしてあげないといけない年齢でもある次男、兄が意地悪をすると「お兄ちゃんが」と言って私の方に逃げてきます。

兄に注意して、弟をかばうと意地悪がさらにエスカレートするのです。どうしたらよいか分からなくて、さじを投げたことがあります。そうしたら、兄が弟に対してお兄ちゃんぶるような態度、そしてとても優しくなり、何かあるときはまず兄を頼るように、またお兄ちゃんはすごいんだぞというような考えを弟に植えつけ、子供たちに接する時、まず兄をたて兄から弟に伝わるようにしたらとてもスムーズに事が運ぶようになったのです。

男の兄弟というのはこういうものなのかわかりませんが、この関係は今も続いていて、我が家の中で兄弟げんかはありません。 我が家は男の子2人ですでに二人とも二十歳を超えました。

長男は我が家の中で父親には逆らわず、次男には兄として全面的に信頼されています。そんな長男ですが、小さい頃は糸の切れたタコのように5分とジッとしていられなくて、走り回ってばかり、追いかけるのが大変でした。

話をすることが下手で、語彙数が少なく何か話をしたい時は「えっと、あ~」など前置きが長く、なかなか思うかとを伝えることができませんでした。

次男は本が好きだったせいもあるのか年齢に比べて、難しい言葉も口にし上手に話し相手のことを思いやるようなことも話してくれるので、一見兄は自分勝手で弟は優しいと感じる事が多くありました。

そんな兄が高校生の時、母の日にカーネーションを買ってきてくれたのです。何も言わず「お母さん、これ」と黙って差し出してくれた彼の様子に、言葉はなくても、彼の優しさが伝わってきてとても嬉しかったです。考えてみると昔から小さい子がよってくる兄、後ろからついてくる子に、なにも相手はしなくても時々振り返って気遣うことで、不思議と子供がよってくるようでした。言葉はなくても優しさというのは伝わるものなのですね。

日々乱暴で、わがままな息子。

女性.24歳(主婦)

年子の育児中、上の子はいろいろなことに興味を持ち、下の子は動けなく、くたくたの新生児のときはどこへいくにも大変でした。いろいろなことができるようになって怒らなくてはいけないことも増えた頃、一番困ったのは周りの視線でした。怒らなくてはいけないこともあるのに視線がとても痛く、怒りずらく困りました。

でも1番困ったことは、自分の親との距離でした。自分の親となると言いやすいこともあるのか、かなり育児について指導をもらいました。自分の中での子供とのルールさえも否定されると困ります。

ちなみにそれはずっと続いているのでこれからまだまだ付き合うことになりそうです。自分の親の頃の育児。周りの育児。比べられたりするのには困りました。思った以上に毎日過ごすことは大変なので常に一緒にいない限りは伝わらないとは思いますが。

日頃毎日同じことの繰り返しで、パートに出ても両立ができず、主婦だけも体がついてこず、みんな頑張ってるのになんで私は出来ないんだろう?と思い悩んでいたときに頑張ってるよ。すごく大変だと思うよ。と、言ってもらえてとてもうれしかったです。
また最近の嬉しかったことといえば息子に悪いやつは僕がやっつけてあげるよ。とかたことで言ってくれたことです。

日々乱暴で、わがままな息子。さしすせそ。が言えず、ちちゅてと。になってしまいながらも言ってくれた優しさにとっても嬉しくなりました。たくさん子供のことで嬉しいことはありますが、やはり子供とのことで一番嬉しいことと言えば元気でいてくれて、たくさん元気と笑顔をくれることが何よりも嬉しいことです。何気なく言ってくれた言葉や行動でもとっても嬉しい気持ちになることができます。

子供男2人いてますが、産まれた時から小さめで、ずっと身長は低いまま。

女性/48歳(主婦)

幼稚園でも小学校でも一番前か、前から5番目以内。

特に長男は食に興味がなく、体重も標準以下で母子手帳では標準枠のラインぎりぎりを這っていた感じです。食が細いので食べる量も少なく、1日3食食べさせるのが時間もかかり大変で、毎日食事時間が苦痛でたまりませんでした。

幼稚園の給食も完食することはなく小学校の給食も最初から減らして食べていたようです。小学生高学年になってからもなかなか伸びないので、遊園地やテーマパークの乗り物やアトラクションでの身長制限にひっかかるのがほとんどで諦めることが多かったです。大好きなプールのスライダーも身長が足りないことがほとんどで泣く泣く諦めることも。

同級生と遊びに行っても、同じ学年で見られることはほとんどなく、本人も気にするようになってました。洋服は同級生のお下がりをもらってよく着てました。

寝る子は育つ、成長ホルモンが出るのは10時以降だから早く寝かせた方がいい、とよく耳にしますが、うちの子供は眠りが浅くなかなか寝ない子でした。夜早く寝かせようと、日中は極力外で遊ばせるようにしたり、体操教室に入れたりしましたが効果はあまりなかったです。

疲れて早く寝ることはほとんどなく、眠りが浅いので数時間おきに目を覚ます感じでした。カルシウムも必要と聞きますが、牛乳・ヨーグルト・チーズなど乳製品は受け付けてくれませんでした。料理にすると、食べることもあったので、クリームシチューを作ったりグラタンにチーズをかけて焼くメニューが多かったです。

あとは小魚を食べさせていました。だしようの煮干しをフライパンで煎って香ばしくしておやつにしてました。最近CMでやっているセノビックや昔からあるミロは飲ませてみたかったですが、甘い物も苦手な上、牛乳も飲めないので試すことはできませんでした。

それでもアスミールを試してから我が家の状況は大きく変わりました。本当に感謝してもしきれないぐらい感謝しております。

アスミールを口コミサイトを見て、思い切って試してみたことを今では後悔してません。

-感想・体験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不思議ですがアスミールを飲むと子供たちが笑顔になる効果がありました。

46才(主婦) もういまでは思い出すことすらキツい記憶なのですが、あの2歳のイヤイヤ期は、今でも記憶に残るくらい私の頭に苦労したこととして刻み込まれています。本当に自分でも信じられないぐらいに大変だっ …

子供は自分の分身のようなものです。アスミールでのびのびと育てていきたいです。

35歳(会社員) やはり育児において一番困ったことは生まれたばかりの頃の夜泣きや黄昏なきです。まだママになってまもない私に浴びせてくる容赦ない鳴き声に本当に精神的に参ってしまうかもと何度も思いました。 …

子供2歳、夜泣きがひどくて睡眠不足でイライラが・・アスミールで解決!!

女性.38歳(会社員) 今はもう小学生の長男のことですが、2才直前位まであった、夜泣きがとても辛かったです。 あやしたり、授乳を試みたり、外の景色を見せたり、もう電気をつけて寝なくてもいいよ!とか、終 …

イヤイヤ期の対応はアスミールで泣き止んで笑顔になる子供たちの姿が今でも鮮明に覚えてます。

37歳(主婦) まずは、イヤイヤ期の対応。二歳ごろから始まり、何をするにもイヤイヤ、と噂に聞くのは実際本当でした。 「ごはんたべよう」「いや!」「じゃあもう片付けるね」「いや!」「おお…」 「着替えよ …

セノビックに効果なし?育児に協力的ではない夫に不満が限界まで突破しそうでした。

36歳(主婦) 育児で一番困ったことは、夫があまり育児に協力的ではない事です。初めての子供の時は多少は協力的でしたけど2人目が産まれてからは全て私が子育てをしないといけませんでしたのでとても大変でした …